2014/12

2014/12/24

CTS in MUSIC FOR ALL, ALl FOR ONE♪

MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONEライブに行ってきました!

有り難い事に、私の勤務先は社長ご夫妻がまだ小学生~中学生くらいのお子様がいらっしゃるので、基本的に99%土日祝休みで、これは念願の“年内あと1回はライブ行きたい!”が叶うのではと、発表されて即決で行く事に。
でもぼっち参戦はなぁと思っていたら、フォロワーさんでも行こうかという方がいらしたので、声掛けてご一緒して頂きました!

取り敢えず渋谷で一緒にご飯食べて、それからすぐに徒歩で代々木体育館へ。
代々木体育館って記憶に残ってるレベルでは初めて(多分幼稚園児くらいの頃にテニスの試合見に行ったと思うけど)で、渋谷駅近辺から歩いて何とか到着。
外にグッズ販売コーナーがあって、CTSの看板が出てるだけで「CTSある!!!」ってテンション上がってましたすみません(笑)。

事前に少々Vinus Laserの奥平さんにリプライした所、ご挨拶しましょうと言って頂いていたので、まずは奥平さん探し(笑)。
結果的に、照明ブースってアリーナにあって、アリーナに降りるにはアリーナ席のチケット提示が必要で、私たちは1階席チケットなので降りる事が出来ず、何とか居場所をお伝えしたところ、お忙しい中会いに来てくださいました。
Vinus LaserさんといえばCTSライブのレーザーでは定番の方ですし、ご挨拶出来て嬉しかった~!「昨日より今日の方がラインナップ良いし全部楽しめると思うよ!」みたいな事仰ってました。有り難う御座いましたm(_ _)m
で、奥平さん探しで時間を食ったお陰で、意外とあっという間に開演時間に。

まずは本日の出演者紹介ということで、スクリーンに名前が映って紹介。
CTS、May.Jさん、JUJUさん、三浦大知さん、倖田來未さん、乃木坂46(順番忘れたけどCTSは最初だった)。
CTSの時、私とフォロワーさんはテンション上がってたんだけど、会場は比較的「シーン」って感じで残念だったなぁ。。
特に三浦さん、倖田さん、乃木坂さんの時はそこら中から\オォォー!/って声が挙がってる感じで、非常に羨ましかったです。
いつかはCTSも!声が挙がるようになるんだからー!!!!

で、まさかいきなりCTSで始まって初っ端に私たちのメイン目的は終わってしまうのか!?と危惧していたところ、JUJUさんでライブスタート。
JUJUさん、今まではトリだったらしいですね。お名前は存じ上げているのですけど、曲はあまり聴いた事がなく。
「JUJU可愛いよー!」みたいな声とか挙がってたと思いました、確か。歌唱力あって上手いです。
あと、「みんな立ってくださーい!」って言えば良い所を、「皆様のお足を拝借したいのですがー」みたいな事を言ってて笑いました(笑)。自分自身にツッコミ入れた上で、立って欲しいって事だと注釈入れてましたけど(笑)。


続いて、ステージの入れ替えの様子見ててどっからどう見ても見慣れた機器が乗せられた台?が運ばれてきて、こりゃもう来るでしょ~って思ってたけど、CTSキターーー!
フォロワーさんと目配せして、名前が表示されたところでスッと立ち上がり。
お三方の立ち位置的に分かってはいたけど、お三方が出てきた時はステージが暗くて服は見えず、お顔は何か全員小さく青い光?(多分あの銀河っぽいやつ?)が表示されてて、距離もかなりあるしで誰が誰か分からないくらいの感じでした。
音楽が流れ始めた瞬間くらいに、お顔全面真っ白になって、ようやく○△□の形が見えました。
立ってる人は相当相当まばらな感じだったかな~。残念ながら出演者の中で一番ダントツに少なかったです。
ただ、乃木坂さんのファンかな?かなりの大人数の方がイベント中終始ペンライトを点けて持ってらして、曲に合わせて振ってくださったりしてました!有り難う御座いますm(_ _)m
CTSもペンライト欲しいですね~!こういう時に痛感します。自前で用意すれば良かったのかもしれませんが。やっぱりCTS仕様のが欲しいじゃないですか?
観客席側かなり暗いので、もの凄くペンライトが映えるんです。かなーり綺麗でした。

セトリはフォロワーさんのを参考にさせて頂きました。
今回はCTSってこんな曲やってるんだよという名刺代わりらしく、定番曲のみでした。私てっきり新曲(せめて唯我独尊)来ると思ってたから驚きが(笑)。

1. Sayonara Twilight
2. Hello Universe
3. No Reason
4. 全世界 NEVER GAME OVER
5. Yume Be The Light
6. Beautiful Love World

出だしは、ハロパと全く同じドラム的な音から。そしておーばざわー!!!
何というか、単純にテンション上がるというか、ライブで聴くサヨトワ大好きです!が、どちらかというと「ふぅん、初めて聴く曲だなぁ」という空気感が流れてたかなぁ……^^;;悔しいなぁ。
でも、そんなの知らないよ!私盛り上がっちゃうもんねッ!って感じで行っておきました(笑)。
しかし、座席が超狭いんです。特に、1階席の一番後ろだったんですが、多分他の列より一番後ろの列だけが特に狭くなってた気がします。
座ってる人がそのままどかないでいた場合他の人は足の上を乗り越えないと通れないどころか、肥満が少々過ぎる方だと足が入らなくて座れない可能性もあるかもしれません。
それで、跳ねたりするのは厳しい感じだったので我慢しました。頑張れば跳ねられるけど、恐らく怪我しますし、周囲にまで危害を加えかねませんでした^^;

で、続いてハロユニ。私の中で、あら1st Anniversary Mixの流れだわね……!?もしかして!?という勝手な期待が(笑)。
これ跳ねられないの残念すぎる~!心の中で跳ねながら必死に我慢してました。
で、結局は全然1st Anniversary Mixと関係なくて、Mirrorに繋がってく事はありませんでした、無念。
あっそうそう、書き忘れてました。歌詞の「ハローユニバース」って歌うとこだったかな?「メリークリスマス」に変えて歌っていました♪

そして、No Reason!
空間が広すぎて、やる人も少なすぎて\オーオー!/の掛け声が空に消える感があって非常に悲しい感じでしたが、私自身は全力で行きました!(笑)
今回CTSを知って気になってくださった方が、CTSのライブではこういう掛け合いするんだなって覚えてくれたら嬉しいですねー。

それから、そろそろ唯我独尊来ても良いのではと思いきや、まさかの全世界(笑)。こっちかー!!
これも\Hey!/は全力で行きましたが、やはり……orz
いつかは会場のそこらじゅうから聞こえるようになるんだー!!!!!

でもって、Yume Be。
これは聴けるだけでいい。それだけで大満足。360度無重力な気分になれるもん!大好きすぎるー!

そしてそしてラスト、BLW!!
この曲に心奪われる人は多い、と勝手に思ってます。ナイス選曲!これももう大好きすぎるー!

今回、VJは全体的に、星空~宇宙と人工衛星なイメージでした。はやぶさ2とかのイメージなんですかね?
因みに、はやぶさ2はまだ目的地へ進んでる訳でなく、地球の周りを回ってるらしいですよ(詳しい人からの情報)。
あと、レーザーが○△□の形だった……???全体的によく見えそうな場所に居たのに、結局お三方見るのに必死になってて、ちらちらっとたまーに天井見てみたりはしたけど、○△□だったのはフォロワーさんに言われて知ったっていうね(笑)。○と□があったけど△分からなかった~!って仰ってました。

残念な事に、会場全体的に反応が薄く、お三方もいつものような肩組んでみたりという掛け合いが一切なくて、スッと出てきてスッと退場してしまい、ちょっと悲しかったです。可愛い掛け合いが見たかったよー!
と思ったら、終了後のインタビュー動画が全てを帳消ししてくれるくらい死ぬほど可愛くて悶えました(笑)。
両手でガッツポーズする○様何アレ!自分が一番モテまーす!と張り切って手を挙げちゃう△様も、彼女いると清々しいレベルにドヤ顔でカミングアウトする□様も、もう全てが愛しいよ……(笑)。


次はMay.Jさん。れりごですよれりご!
何か聴いた事があるお化粧品のCMの曲と、Let It Go(英語詞Ver.)HYさんの365日のカバー、Sugar Soul feat. kenjiさんのGardenのカバーだったかな?他にあったかな?
れりご凄かったです!何か結構酷評されてて断然松たか子さんの方が良いとか言われてるイメージだったけど(私は字幕版しか見ていないので、吹き替え版れりごは聴いた事ありませんでした)、歌唱力半端ないです。
ただ上手いだけで心がこもってないって?全然そんな感じしませんでしたよ??本当に映画のものがそんな感じだったのなら、その10倍以上は良かったんじゃないですかね。
それから、まさかのGardenカバー来てテンション上がる私。この曲ね、中学生の頃に衛星放送の音楽番組でPV流れてたんだけど、1回だか2回しか聴いた事がないのに、大きなピアノだかパイプオルガンの前で手のひらからバーって真っ赤な薔薇の花びらが散る映像と曲が焼き付いて忘れられなくて、後になってから結構CD探して、10年後くらいにやっとCD手に入れた思い入れのある曲だったんです。
あと、365日を歌ってる際、サブモニター?左右にある真ん中のより少し小さいモニターって出演者入れ代わりタイムの時に幾つかのMFA関連ツイートが流れてるんだけど(CTS公式のセトリネタバレツイート?もちょいちょい流れてた)、何故か一瞬CTS公式のツイートがMay.Jさんのカメラ映像に被って表示されて、「!?!?」ってなりました(笑)。何があった(笑)。

その次は、フォロワーさんに軽くオススメされていた三浦大知さん。
激しく歌って踊るアクロバティックなアーティストさんでした。バックダンサーさんとDJさんも一緒です。
あそこまで踊って、声を殆ど乱さず歌えるって、相当凄いと思います!曲の締めとかに、スッと前転だかバック転だか宙返りしちゃうんです!ヒエェー!
服装が、千鳥格子柄だか何かのジャケットに、スタンドカラーの白いシャツで、胸元~襟までがシルバーになってる感じの恰好でした。
で、DJさんが凄くジャケットに似た色のニットみたいなのを着ていて、「服装被った~!」みたいな事を言ってました(笑)。

ラストから2組目は乃木坂46さん。
あんまり分からないけど、どっかで微妙に、おいでシャンプーだけ聴いた事がありました。
全員ワンピースの上にクリスマスツリー風の飾り付けられた薄めのエメラルドグリーンのフード付きポンチョ姿で登場。可愛いです。
もう会場が兎に角ファンだらけでね、息の揃った合いの手がちょいちょい入ってて圧巻でした(笑)。息の揃った大量のファンがいるという意味で羨ましかったなー。
2曲ごとくらいに衣装の早着替えがあって凄かったです!
今ってセンターの子変わっちゃったんですねー。何か、どの子だったかしら~?って元センターの子を必死に探しちゃいました(笑)。やっぱり生駒さん可愛いね。
おいでシャンプーの時だけは生駒さんセンターしてたよ。

そしてラストが倖田來未さん。
ファンの多さが半端ない事を知る。みんなスッとライブグッズと思しきペンライト取り出してて、うらやましー。会場全体がその色に染まった感じ。
黄緑?黄色?のと、赤いのがある模様。他にもあるのかもしれないけど、その2色が多く、8割くらいが黄緑っぽいやつでした。
倖田さんも三浦さん同様に踊りながらの歌唱でしたが、テンションが高い故に若干音程外してたりした印象かな。
口紅か何かのCM曲とか、ファンには人気の高い曲を多々やったようです。衣装はセクシーな感じでした(笑)。

倖田さんが退場すると、会場全体からアンコールのコールが。私達は、そこまでいたら確実に大混雑すると見込んで、残念ながら会場を後にしました。荷物の用意終えて立ち去る時くらいに、丁度倖田さんが「アンコールありがとー!!」という感じで戻ってきてました。
その時、お隣さん(大学生くらいに見える5人組?の男女混合グループ)が何かCTS云々会話してて、CTSの時は立って聴いてなかった所からして別の方目的だったようですが、嬉しくなりました♪
出口前にはCD販売コーナーがあって、それとなく覗きながら行ったのですが、CTSのCDは置いてなく。

CD、置くべきだったのでは?絶対勢いで買ってくれた人がいたと思うんですよねー。
CDショップにまで探しに行く程じゃないけど、今買えるなら買っちゃおうかな~♪みたいな。それとも、置けない事情があったのでしょうか?
優先順位があって、最後に出演が決まった事からしても多分今はまだCTSは一番最後の扱いだと思うんですけど、他の人で場所埋まるからCTSのは置けないんだごめんね、みたいな感じだったのかな?
取り敢えず、次のこういった機会には、CDも買えたら良いのになぁと思いました。
あ、そういえば過去グッズ販売があったライブでも、CDっていつも取扱いがなかった気がするから、そういう方針か、もしくはそういう考えをしてなかったのかな?

外に出たら、来た時もそうだったんですけど、CTSのグッズ販売コーナー誰もいなくて寂しい雰囲気してたので、肩にCTSバスタオル掛けた状態だったのに、予備分とか言ってついバスタオルを買ってしまいました(笑)。これで安心して開封済みバスタオルをライブでバンバン使い倒せます♪♪

色々な意味で、行って良かったです。
けど、もうちょーっと早く決まっていたら、フォロワーさんがもっともっと沢山ライブ行けていたのに、既に予定があって、とか、仕事で、とか、行けない方が多かったのが非常に残念でした。みんなで盛り上がりたかったなー……。

次は、小さめの箱でCTS色全開のライブが見たいです。KIRALIも天真爛漫も聴きたいなー!

mika_cts at 15:45|PermalinkComments(0)

2014/12/10

KIRALI KANATAへ

今兎に角この曲が好きで、本当に心から好きで、何か書かなきゃいけない気がしたので書く事にしました。

この曲は最初ハロパの会場で始まる前に流れてまして、その時は曲調が好みくらいにしか思ってなくて、「新曲が流れてる!?!?」っていう驚きの方が勝っていたのだけど、 撮影OKなのだし撮ってしまおう!って事でデジカメで録画して、それで後で改めて聴いて、非常に綺麗な曲だと。
それから発売までの待ち遠しかったことと言ったら。フォロワーさんなら私がどれだけ日々KIRALI聴きたい言っていたか御存知でしょうねぇ(笑)。

Twitterで相互フォローして下さっている DJさん曰く、元々あるジャンル系統の曲に、日本語の歌詞を付けてローカライズしたような曲だそうですが、このジャンルは日本語詞は合わないと思われてきていたのか、日本には殆どないそうで。衝撃作?
何の違和感もないどころか、凄く綺麗に纏めてるCTSって、やっぱりとても凄い存在なのかもしれない。


最初パッと聴いた時(デジカメのは音質最悪だったので買ってからの話)は、CTS流のラブソングかな?って思ってました。
けど、じっくり聴いてみて、何というかラブソングより更に上を行くというか……世間的に言うラブソングじゃ安っぽいって言ったら変だけど、もっと強い何かがあるような。
生き別れの双子とか、そういうのに近い存在の人みたいな……?一心同体みたいな?
「指先 重ね合う」とか「手のひら  重ね合う」とかっていう歌詞があるけど、それはお互いに持っているとてもとても強い願望であって、けれども永遠に叶わない事のような。
凄く強くて、それでいて凄く切なくて、悲しい絆を感じる曲だと思います。

目を閉じれば、現実から離れたならば、心は二人で一つになれるのかもしれない。
例え現実では、二人一緒になれなかったとしても。
そこには燦然と輝く星々があって、月の光が二人を優しく照らしているのかもしれない。


自分の身を投げ出してでも想える人がいるって、良いよね。
綺麗事かもしれないけれども。


mika_cts at 02:04|PermalinkComments(0)